呉市 車検時のバッテリー点検 平野自動車

画像

車検時のバッテリー点検

 1,バッテリは電気の貯金箱です!

役割としては確かに貯金箱みたいです。また、エンジンのスタートから適正な燃費をコントロールするためのセンサの働きもしています。それからバッテリは夏場の暑い時期に疲労が最高値に達します。原因は高温で充・放電が繰り返され、結果として過充電状態になり極板が消耗します。そして冬場の冷え込みで一気に劣化が進んでスタータが回らなくなります。バッテリは夏場に負荷が最大になります。安心のためにも定期点検が一番ですね。

 2,エコカーには適したバッテリーを!

最近のエコカーには「充電制御システム」が搭載されています。
カーバッテリーの充電状態を常に管理し、無駄な充電を制御して省燃費を実現しています。
充電回復性能が高く、充電時間を短縮し、エンジンの負担を軽減。

しかし、バッテリーにとっては非常に過酷なのです。
「充電制御システム」を搭載したエコカーには、充電回復性能が強化されたバッテリーを使用しましょう。

 3,アイドリングストップ車は3年でバッテリー交換!

アイドリングストップ車用のバッテリーの寿命は約2~3年。
メーターパネルに警告灯が点灯したらバッテリー交換の合図です。
アイドリングストップできないと、燃費にも悪影響。
1分間で約2円、年間で5千円~1万円の差に。
定期的な交換で、地球にもお財布にもエコになります。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0823-24-2300
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!