呉市 SUZUKIの安全な自動ブレーキ 平野自動車

画像
SUZUKIの安全な自動ブレーキ

title

SUZUKIの自動ブレーキ

SUZUKIのレーダーブレーキサポート

 SUZUKIのレーダーブレーキサポート

渋滞等で低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、衝突を回避できないと判断した場合に、自動ブレーキが作動します。
追突等の危険を回避、または衝突の被害を軽減します。

※作動条件※
約5km/h~約30km/hで走行中、走行車両をレーザーレーダーが検知している場合。(原則として歩行者や二輪車は検知しませんが、状況によっては作動する場合があります。)


(レーダーブレーキ搭載車)ラパン、アルト、バレーノなど

SUZUKIのデュアルセンサーブレーキサポート

 SUZUKIのデュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」。
フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。近距離や夜間の検知に優れたレーダーレーダーと、中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせた先進のシステムです。

※作動条件※
約5km/h~約100km/h(対象が歩行者の場合は約15km/h~約60km/h)で走行中
自車から見た前方車両または歩行者との相対速度が約5km/h以上。



(デュアルセンサーブレーキサポート搭載車)スイフト、ワゴンRなど

SUZUKIのデュアルカメラブレーキサポート

 SUZUKIのデュアルカメラブレーキサポート

衝突被害軽減システムに、2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用。人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者や車を認識します。また、車線左右の区画線も認識するなど、カメラでとらえた様々な情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、先進の安全技術です。

※作動条件※
約5km/h~約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断すると、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発します。



※作動した時の速度が約5km/h~約50km/h未満(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。
※自動ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください
※自動ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキを踏んでください



(デュアルカメラブレーキサポート搭載車)イグニス、ソリオなど

注意事項

 注意事項

上記で紹介したSUZUKIの自動ブレーキ機能はお客様が安心して運転できるようサポートする機能ですので、自動ブレーキに頼りきった運転をしないようにしましょう。

新車販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!